宗宅寺の概要

名称 松音山 宗宅寺 しょうおんざん そうたくじ
宗派 浄土宗
総本山 京都東山 知恩院 ちおいん
所在地 〒590-0921 大阪府堺市堺区北半町西3-1
電話 072-227-8855
FAX 072-238-0007

宗宅寺の歴史

~ものの はじまり みな 堺~安土桃山の頃より西欧各国との自由貿易で栄え様々なものがはじまった街、また環濠などが巡らされていた事から“東洋のベニス”とも称された、そんな一大貿易都市 堺。その堺の街に於いて、すべての人を救わんという万民救済の願いのもと“南無阿弥陀仏”の御念仏の御教えを弘めんが為に、寛永5年(1628年)江戸幕府開祖徳川家康公の13回忌を法縁として、第1世燈蓮社伝譽上人(とうれんじゃでんよしょうにん)により総本山知恩院の直末寺院として開基されましたのが当 宗宅寺であります。その開基以来今日に至るまで300有余年、戦災など幾多の難を被りながらも現在第22世代にまで至っております。

南蛮図屏風

境内

  • 会館内部
    山門
    山門とは三解脱門の意。お参りの皆様はここよりお入りください。
  • 本堂内部
    本堂全景
    ご本尊阿弥陀如来様に護られた当山の聖域です。
  • 墓地
    墓地
    本堂裏手に歴代住職及び有縁の方々が祀られています。
  • 地蔵
    伝 行基菩薩建立地蔵尊
    当山南側地蔵堂に安置。彼の行基菩薩の建立とされるも詳細不詳。
  • 本堂内部
    本堂内部
    年間行事及びご法事はこちらで執行されます。
  • 本堂内部
    会館内部
    両彼岸法要及び葬儀等はこちらで。また多目的ホールとしても使用可能です。